紫舟×チームラボ 2017 新作デジタルインスタレーション 書 : 紫舟

Love Letter Project '17
日時:2017年10月7日(土)〜9日(月祝)
会場:恵比寿ガーデンプレイス/ザ・ガーデンルーム

紫舟×チームラボ 新作デジタルアート作品展示 & 紫舟360度鑑賞できる「書のキュビズム」
7日(土)・ 8日(日)10:0019:009日(月祝)10:0017:00
※ワークショップ開催中はご覧になれない作品もございます

 紫舟×チームラボのコラボレーションによって生まれた、ドーム型インタラクティブアート作品。2014年のLove Letter Projectで好評を博したコラボレーションが、今年は第2弾として新作を発表します。無限に広がる空間の中で言葉は空書として立体的に生み出され続け、この場所にいながら、時間も空間も超越した言葉の宇宙が鑑賞者を包み込んでくれます。類を見ないこの静謐な浮遊感を、ぜひ体感しにいらしてください。
 他にも、パリ・ルーブル美術館地下会場や、ミラノ・トリエンナーレ美術館で展示され高評価を得た、絵と墨蹟彫刻が融合する〈嘴の折れたカラス〉の屏風シリーズを展示します。その4作目となる最新作が、恵比寿ガーデンプレイスにて圧倒的な迫力で皆様を迎えます。
 そのほか、初挑戦となる「春画」を題材にした新作などが、まだ誰も踏み入れたことのない「アートの領域」へ皆様を誘います。


紫舟 ギャラリートーク
9日(月祝)13:3014:00 ◎入場無料

 毎年立ち見のお客様が続出となる人気のギャラリートーク。紫舟による作品紹介と制作舞台裏を公開します。

書のワークショップ
7日(土)10:3012:10(受付10:00〜)/ 8日(日) 10:3012:10(受付10:00〜)
参加費:3,000円 ※事前予約制 定員:各回35名 指導:紫舟
※小学生以上どなたでも参加できます。

 
書家・紫舟の指導のもと、約20種類の言葉(「あたたかい」「激しい」「切ない」等)に合った書体を自らの手で生み出せる練習をします。その後、それらの中からいちばん想いが伝わる書体で、大きな和紙に手紙を綴ります。心と体が、筆から生まれる文字が繋がります。書の経験がない方も大歓迎、必要なものは「想い」です! どうぞ手ぶらでお越しください。和紙と書の道具はこちらでご用意いたします。 
※筆記用具のみご持参ください。

> 書のワークショップお申し込み

お申込 http://www.standard-works.com/LLP/LLP17p.html
お問合 ザ・ガーデンホール 03-5424-0647 (平日10:00〜18:00)


■主催:サッポロ不動産開発株式会社/ Love Letter Project実行委員会
■企画監修:紫舟
■制作プロデュース:株式会社スタンダードワークス
■協力:株式会社呉竹 / 株式会社ヒーローズ / 社団法人愛媛県紙パルプ工業会/チームラボ


 
 





 

 ◎プロフィール

紫舟(シシュー)

代表作、NHK大河ドラマ『龍馬伝』、美術番組『美の壺』、伊勢神宮「祝御遷宮」、内閣官房「JAPAN」、ディズニー・ピクサー「喜悲怒嫌怖」。 2014年にフランス・ルーブル美術館地下会場にて開催されたフランス国民美術協会展では、金賞と最高位金賞を日本人初のダブル受賞。「北斎は立体を平面に、紫舟は平面を立体にした」と評される。翌年同展にて世界で1名枠とされる「主賓招待アーティスト」に選出。日本人では横山大観以来、現存日本人初。2015年、イタリア・ミラノ国際万博ジャパンパビリオンにおいて「Scene I」の空間の全アートワークを担当、国際万博初の金賞受賞。日本の伝統文化である「書」を、書画・メディアアート・彫刻へと昇華させながら、文字に内包される感情や理を引き出し表現するその作品は唯一無二の現代アートとなり、世界に向けて日本の文化と思想を発信している。大阪芸術大学教授。
Facebook / Instagram / Twitter / YouTubeにて情報発信中。(共通アカウント名「sisyu8」)
www.e-sisyu.com

 
 
 

teamLab (チームラボ)

プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。 アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。
http://www.team-lab.com

 
 

Copyright (C)Love Letter Project